犬猫用サプリメント「プラセンタ クレア」肝臓の健康サポート

もしご愛犬ご愛猫のALTやALPが高かったとしても、改善の可能性は必ずあると私たちは信じております。
肝臓の再生力を引き出すことができれば、状況が変わってきます。
様々な視点からアドバイスしておりますので、気軽にご連絡いただければと思います。

メディネクス株式会社 ペット健康無料相談
TEL 0265-49-8934(月~土10:00~19:00)

肝臓の健康にプラセンタクレア

 

肝臓の元気さを考えた健康管理のプラセンタクレア

20粒入り 2,592円(税込)
お得用40粒入り 4,752円(税込)

電話注文・その他のショップ

 

 

サンプルからお試しいただけます。

プラセンタクレアのサンプル

成分性能・製品品質には自信がありますが、よりご安心してお使いいただくために、製品サンプル(2粒入)を用意しています。

初めてお与えになるとき、味や匂いのチェック、与えやすいことの確認にお役立てください。

体質に合わないというケースはまずありませんが、まずはサンプルからお与えいただければと思います。

なお、製品から開始する方にも、初回に限りサンプル(2粒)を同梱しております。

無料サンプルのお申込み

(弊社オンライン直売店)

 

 
プラセンタクレアは、肝臓の健康維持を重視して開発したペット用サプリメントです。

犬猫10万頭の肝臓胆泥を診察してきた佐々木動物病院でテストを実施し、良い評価をもとに、積極的に推奨して頂いています。

 

もしご愛犬ご愛猫のALT(GPT)やALPが高くても、悲観的になりすぎず、前向きに取り組んでいただければと思います。

ビリルビンやアンモニアまで高いときは、なおさら私たち飼い主がしっかりして、ご愛犬ご愛猫を安心させてあげてください。

 

原材料として、SPF豚プラセンタ、亜鉛含有酵母、カキ肉エキスを配合します。

とくにメイン成分となるプラセンタの品質にこだわり、安全豚とも呼ばれるSPF豚プラセンタの使用率を100%に高めています。

なお原材料の選定は、動物の肝臓について学んできた薬剤師が監修しています。

 

プラセンタクレアの概要

メディネクス株式会社オリジナル「プラセンタクレア」の概要です。

  • ペットの肝臓の重要性を考えた健康管理サプリメント
  • 価値ある3つの成分、SPF豚プラセンタ、亜鉛含有酵母、カキ肉エキスを配合
  • プラセンタのSPF豚使用率100%
  • 動物治療を学んできた薬剤師による成分監修
  • 10万頭の肝機能・胆泥を診察してきた獣医師による評価
  • ALT(GPT)やALP、黄疸の数値が高いときにも与えられる
  • 胆泥が心配な犬猫にも与えられる
  • 皮膚、毛並みが心配でも与えられる
  • 薬(ステロイド剤や抗生剤、肝臓薬など)と併用可
  • 療法食と併用可
  • 一粒ずつの個別包装
  • 複数の動物病院が採用
  • GMP認定工場で製造
  • 体重5kg~10kgで1日1粒が目安
  • 電話、弊社ネットショップから直接注文可能
  • 初回サンプル同梱
  • 監修薬剤師による製品サポート

 

成分配合を薬剤師が監修

獣医師たちから、動物の肝臓病を学んできた薬剤師が成分配合を監修。

成分品質にこだわったペット用サプリメントです。

質を高めたことにより、少量でも健康維持をサポートします。

 

使用するプラセンタにおいては、安全豚と呼ばれるSPF豚プラセンタの使用率を100%に高めています。

さらなる相乗的なサポート力を考え、肝臓の健康サポート成分としてカキ肉エキス、亜鉛含有酵母を配合しています。

 

一粒ずつ個別パックにすることで、保存料の使用割合を減らしつつデリケートな品質を守ります。

個別パックは管理しやすく、外出時などにも便利です。

 

使っていただいている獣医師の先生方によるチェックと、リピーター様から「おかげさまで元気!」と笑顔の声を頂きならが、安心してお届けしているオリジナル製品です。

まずは20日程度与えてみて、ご愛犬ご愛猫の健康度や元気さを見ていただければと思います。

 

価値ある3つのサポート成分

プラセンタクレアが評価を頂いている理由は、3つの高品質成分による相乗メリットが挙げられます。

プラセンタのイメージ

SPF豚プラセンタ末

亜鉛含有酵母のイメージ

亜鉛10%含有酵母

牡蠣の写真

カキ肉エキス末

 

成分1 プラセンタ(SPF割合100%)

プラセンタは、肝臓の元気さを考えて配合したプラセンタクレアのメイン成分です。
その品質の良し悪しは、治療中であっても、元気なときであっても、とくにこだわるべき部分だと考えております。

プラセンタクレアには、国産豚のなかでも特に品質の良いとされるSPF豚由来のプラセンタを使用しています。(使用割合100%)
(1粒あたり100mg配合)

 

成分2 亜鉛含有酵母(亜鉛10%含有)

肝臓の正常な働きに必要な亜鉛ミネラルを含み、プラセンタの働きをサポートします。
亜鉛が不足気味の犬猫の健康成分でもあります。

亜鉛は肝臓だけでなく、さまざまな健康維持に役立っているミネラルです。
不足してしまうと、味覚異常や嗅覚の異常が起こってしまうことがあり、その結果として食欲低下になってしまうことも考えられます。
皮膚や体毛の健康、免疫力の健康にも影響があるとされていますので、日々の食事にも気をつけてあげましょう。
普段から亜鉛を意識しておくことが健康や美味しく食べることに役立ってくれると考えています。
(1粒あたり52mg配合)

 

成分3 カキ肉エキス

肝臓の健康維持に役立つ栄養成分を含みます。
牡蠣はタウリンなどを含み、「海のミルク」と言われるほど栄養価の高い天然食材として知られています。
カキ肉エキスも、プラセンタクレアの良さを引き出す、欠かすことのできない成分として配合しています。
(1粒あたり55mg配合)

 

ココがポイント

プラセンタの品質の高さ&3成分による相乗メリット

 

栄養成分表示

パッケージにも表記している成分表です。

粗たんぱく質33%以上
粗脂肪0.5%以上
粗繊維11%以下
粗灰分13%以下
水分10%以下
100gあたりのエネルギー234kcal

 

実際に一粒与えるときの栄養成分は以下のようになります。

※分析結果報告書より換算

粗たんぱく質0.109044g
粗脂質0.001716g
粗繊維0.021918g
灰分0.026572g
水分0.015392g
一粒あたりのエネルギー0.6084kcal
(参考)ナトリウム0.00546g

プラセンタクレアは一粒0.26gですので、含まれる成分量は上記のようにとても小さな値になります。

ですので実際にお与えになるとき、成分が健康や治療に悪影響を与える心配はほとんど無いと考えております。

たとえば腎臓病や心臓病できっちりと食事制限を実施しているときでも、問題なくお与えいただけます。

※療法食、サポート食と併用可能

 

プラセンタクレアの粒

プラセンタクレアは粒タイプです。

余分なものをできるだけ排除し、小さな粒に3つのサポート成分を凝縮させています。

量より質」を大切に考える飼い主様に、お選びいただきたく存じます。

プラセンタクレアの粒

粒には割線を入れておりますので、量の調節時にお役立てください。

 

品質を守るための個別パック

デリケートな天然由来成分を守るために、一粒ずつの個別パック(PTP包装)を採用しています。

保存剤やコーティング剤に頼らずに、酸化や湿気を防ぎます。

PTPシート

 

個別パック&粒タイプであることで、次のようなメリットが得られます。

  • パッケージ開封のたびに、成分が痛むのを防ぐ。
  • シクロデキストリンなどの防湿剤を控えられる。
  • 結果としてサポート成分の割合を高めやすい。
  • 管理しやすく、外出時にも便利。

 

高品質SPFプラセンタエキス末の製法について

プラセンタクレアのメイン成分であるSPFプラセンタ末は、次のような工程で、安全・衛生的に製造しています。

step
1
SPF豚の満期胎盤(600kg)

step
2
凍結

step
3
常温下融解

step
4
水洗い

step
5
ミンチ処理(SPF豚胎盤525kg)

step
6
酵素分解(溶媒:精製水)

step
7
ろ過(プラセンタエキス800kg)

step
8
スプレードライ(プラセンタエキス末約64kg~80kg)

step
9
充填・包装・検査

step
10
プラセンタエキス末完成

SPF豚の胎盤(600kg)から、ミンチ処理を行う際に、胎盤の膜を取り除き、絨毛組織のみを使用するために、重量は525kgになります。そこに独自の酵素を加えて、ろ過の工程を経ることにより高品質なプラセンタエキス(800kg)を抽出することが可能になります。そしてスプレードライによって水分を取り除いたとき、約64kg~80kgのプラセンタエキス末が出来上がります。

つまりSPF豚の胎盤600kgを濃縮することで得られるプラセンタエキス末は、わずか64kg~80kgです。

 

動物病院での使用

プラセンタクレアは、動物病院でも使用されています。

肝臓の不調に対しては、どうしても薬物治療になりますが、それだけではなかなか結果が出ないことも多いと聞いています。

 

そのようなときでも健康維持を考えてプラセンタクレアを加えておくことがサポートとして意味があるのかもしれません。

代替療法やサプリメント使用に長けた獣医師たちが使用しているため、先生方の期待に答えるような品質を維持することに努めています。

 

メディネクスのサプリメント製品を採用していただいている先生方

獣医師の先生方

代替療法や自然療法、サプリメントなどに詳しく、多角的な視野で診てくれる先生ばかりです。

みなさん人柄が良く、優しくて、信頼しております。

もし、いまの治療に行き詰まっているようなとき、セカンドオピニオンなどで相談に乗ってくれると思います。

もちろん弊社からご紹介もできます。

 

与え方・1日の目安量

下記の量を目安にして、1日1回食事のタイミングなどにお与えください。(2回以上にわけても構いません)

 

1日量の目安

ペットの体重通常の1日の目安量健康状態が良い時
5kg未満0.5粒1日おきに0.5粒
5kg~10kg1粒0.5粒
10kg~20kg2粒1粒
20kg~3粒~1.5粒

 

プラセンタクレアは天然成分に由来する独特な風味があります。

味をごまかすようなフレーバーは入れておらず、特に猫の場合はそのままで食べないことがあります。

ゴクリと飲ませてあげるか、フードや手作り食などに混ぜ込んで食べさせてあげてください。

 

よくあるご質問

質問内容をクリックすると回答が開きます。

1日何回与えたら良いですか?

1日1回でお与えいただいて良いです。
朝夕で差はないと考えております。
複数回に分けていただいても問題はございません。

空腹時でも大丈夫ですか?

はい、特に問題はございません。
胃腸に負担をかけるような心配はまずございません。
もちろん食事中でも大丈夫です。

半割したり粉砕しても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。
ただし酸化や湿気の影響を受けやすくなりますので、特に粉砕は与える直前にお願いいたします。

水に溶かしても大丈夫ですか?

はい、お与えになる直前でしたら問題ございません。
どうしても粒が苦手なときは、水に溶かしてシリンジやスポイトで与えたほうが楽なケースもございます。

保管方法について教えてください。

プラセンタクレアは性能にこだわるがゆえ、コーティング剤に頼らず、包装の工夫によって品質を守っております。
そのため開封後はアルミパッケージに戻してチャックをしっかり閉じ、高温を避けて保管するようお願いいたします。
個包装シートから取り出した粒は数日内にお与えください。

量を加減しても良いですか?

はい、体質や今の状況に合わせて加減していただいて構いません。
与え始めは多めに、状況が良いときは少なめにといった工夫も問題ございません。

多く与えても問題ありませんか?

はい、多く与えても体の負担になるような心配はまず考えられません。
効率を考えて3倍程度までを目安とお考えください。

健康な犬猫に与えて良いですか?

はい、病気に負けない強い体づくりにお役立てください。
プラセンタクレアにはそのメカニズムから多くの健康メリットを期待しております。
シニアの犬猫たちには、特におすすめいたします。

治療中ですが与えて問題ありませんか?

はい、治療を妨げるような問題はまず考えられません。
むしろプラセンタクレアの健康サポート力で、いまお受けになっている治療の効果が高まってくれることを期待します。

腎臓の悪いときでも大丈夫ですか?

はい、まず問題ございません。
プラセンタクレアの重量は1粒0.26gですので、成分が腎臓に負担をかける心配はまず考えられません。
また、肝臓の元気さは、腎臓の負担軽減に役立つことでしょう。

他のサプリメントと一緒でも大丈夫ですか?

はい、問題ございません。
基本的に良いサプリメント同士の組み合わせは、得られる健康メリットを相乗的に高めると考えております。

アレルギーが起こりますか?

アレルギーを起こしやすいサプリメントではございませんが、体質によっては起こる可能性があります。
豚由来のプラセンタを使用しておりますので、少量の豚肉でもアレルギーを起こす体質であれば使用をお控えください。

食事も工夫したほうが良いですか?

はい、栄養学的な観点から食事の工夫は大切です。
適切な食事は治療成績を高めやすいといえます。
サポート食については、使うタイミングを誤るとかえって治療に逆行することがあります。
必要なとき血液検査値などを参考にアドバイスいたしますので、どうぞお問い合わせください。

散歩や運動は控えたほうが良いですか?

適度な運動は体力低下を防ぎ、気分転換やストレス解消にもなります。
このような運動効果が治療によい影響を与えるケースも少なくないことから、獣医師と相談のうえ負担のない範囲で運動させたほうが良いと考えます。

病院の治療を続けるべきか迷っています。

自己判断だけで治療を中止してしまうことは、あまりおすすめできません。
あきらかに治療効果が得られていないときは、通院ストレスや治療費のことも考えて、獣医師に今後の治療方針について相談してみましょう。
場合によっては別の獣医師に見解を求めるセカンドオピニオンを利用しても良いでしょう。

 

プラセンタクレアのお申込み

プラセンタクレアは、肝臓の健康を大切に考える飼い主様に、安心してお与えいただける国産ペット用サプリメントです。

成分処方の内容から薬剤師が監修し、獣医師の先生方の評価をチェックし、リピーターの飼い主様から「ありがとう」の声をいただいている製品です。

 

みなさまのご愛犬ご愛猫が、健康の不安なく、長く楽しく暮らせることを願っております。

プラセンタクレアがお役に立てれば、心からうれしく思います。

 
プラセンタクレア20粒

 

肝臓の元気さを考えた健康管理のプラセンタクレア

20粒入り 2,592円(税込)
お得用40粒入り 4,752円(税込)

電話注文・その他のショップ

 

 

サンプルからお試しいただけます。

プラセンタクレアのサンプル

成分性能・製品品質には自信がありますが、よりご安心してお使いいただくために、製品サンプル(2粒入)を用意しています。

初めてお与えになるとき、味や匂いのチェック、与えやすいことの確認にお役立てください。

体質に合わないというケースはまずありませんが、まずはサンプルからお与えいただければと思います。

なお、製品から開始する方にも、初回に限りサンプル(2粒)を同梱しております。

無料サンプルのお申込み

(弊社オンライン直売店)

 

製品サポートにつきまして

製品サポートは、電話もしくはメールにて承っております。

メディネクス株式会社 製品サポート

0265-49-8934

受付時間:10時~19時(日祝は休業日)

メールからのご連絡は、こちらから

 

ご注文前、ご検討中の方もお問い合わせいただけます。

 

治療アドバイスも同時に承ります。

ご愛犬ご愛猫が元気を取り戻せるよう、様々な視点からアドバイスできるように努めております。

取り組み方によって結果が変わってくることは、けして少なくありません。

上記の電話もしくはメールにて、気軽にご連絡いただければと思います。

  • 肝臓の再生力を高め、同時に負担を減らしていく工夫
  • 誤った食事のチェック・修正
  • 治療中の健康管理
  • 薬の副作用
  • 検査値の読み方 など

 

開発

プラセンタクレアは、肝臓の健康を大切に考える飼い主様の期待にお応えできるよう、動物医療に通じる薬剤師が成分を監修して開発しました。
プラセンタのSPF化を100%にまで高め、品質を追求したサプリメントです。
品質の良し悪しは、とくに老廃物の代謝に関わる肝臓の健康のために重要なことと考えています。

獣医師に協力をいただいて臨床テストを実施し、その健康サポート力と安全性を確認しています。

 

沈黙の臓器の元気さは、血液検査でチェック

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、不調が現れにくいという特徴を持ちます。気がつかないうちにダメージを溜め込み、犬猫たちの健康寿命に影響を与えてしまう可能性があります。ですので動物病院で血液検査を受けて、肝機能を定期的にチェックしておきましょう。

ALTやALPなどの検査値の変化は肝臓の様子をうかがい知るために重要です。もちろん血液検査だけで判断できるとは言えませんが、健康を維持できているかのバロメーターとしても、ぜひ参考にしていただくと良いでしょう。

また食欲や元気さ、毛づや皮膚の健康などは自宅でチェック可能ですので、そういった全身的な健康度も参考にして頂ければと思います。

 

視点の変更も必要

肝臓の一般的な治療は薬物療法です。しかし肝臓薬だけではなかなか良い結果が得られない犬猫たちがいます。またそういった子が、けして少なくないことも事実です。

「どうも薬が効いていないようだ」と感じるとき、漫然と治療を続けていくことに将来の不安がある時は、すこし視点を変えることも大切だと考えています。かかりつけの先生と本音で話せるようなコミュニケーションづくりも大切になってくるでしょう。
肝臓は、消化吸収や老廃物代謝の要で、食事の影響を受けやすいとも言えるでしょう。自宅での取り組みも大切であると考えております。

 

 

プラセンタクレアは、メディネクス株式会社から直接お届けいたします。会社概要

メディネクス株式会社本社
395-0801 長野県飯田市鼎中平2542-5
佐々木動物病院内
メディネクス飯田アルプス研究所
395-0002 長野県飯田市上郷飯沼1889-9
TEL 0265-49-8934 / FAX 0265-49-8935

佐々木動物病院

Copyright© メディネクス株式会社 , 2020 All Rights Reserved.