アリスどうぶつクリニック

アリスどうぶつクリニックの外観

私が信頼を寄せている動物病院のひとつ、埼玉県入間市のアリスどうぶつクリニックをご紹介いたします。

アリスどうぶつクリニックは、手術、内科治療に強いうえに、先進的な治療や自然療法にも通じる頼もしい動物病院です。

アリスどうぶつクリニックのホームページ

 

他でさじを投げられた犬猫たちが、アリスどうぶつクリニックで快方に向かったいくつかの症例を教えてもらいました。

また実際に私のお客様のペットを助けてもらったことが何度かあり、本当に感謝しています。

 

院長の廣田順子先生は、私岡田と同じ東京薬科大学に在籍していたこともありますし、同じ埼玉県民ということもあり、何だかとても気が合います。

情報交換を始めるとついつい時間が経つのを忘れてしまい、日が暮れて夕食をとりながらの熱論となることもたびたびです。

 

動物たちの命に真剣に向き合い、彼らに負担をかけないたいめの「やさしい治療」の探求に熱心な廣田先生のお話を、多くの方々に聞いてほしいと思います。

もしお近くでしたらぜひ一度話を聞きに行ってみてください。

 

統合治療の先駆け的な動物病院

アリスどうぶつクリニックの強みは、ひとことで言えば統合治療の強さです。

手術やリハビリ、内科的治療といった西洋医学的な治療に、必要に応じて代替療法を柔軟に組み合わせ、治療効果を高めようと試みます。

 

他にもレーザーやオゾンを駆使しますので、相当勉強していらっしゃいます。

もちろんすべての犬猫たちに統合治療が必要なわけではなく、西洋医学的な標準治療だけで対応できるケースは多々あります。

逆に飼い主様が希望するとき、代替療法だけで対応することもあるそうです。

 

統合治療では、ひとりひとりに適したオーダーメード治療が基本となるため、それぞれ異なる病態をしっかりと見極める高い診断技術も必要です。

廣田先生は、同じ一枚の血液検査データであっても、さまざまな視点から深読みすることを得意としていらっしゃいます。

アリスどうぶつクリニックのカウンセリングルーム

こちらの写真はアリスどうぶつクリニック内のカウンセリングルームです。

このリラックス空間で、時間をかけ丁寧に病気の根本原因を探り、そして犬猫ひとりひとりに適した治療を組み立てていきます。

 

アリスどうぶつクリニックは、このような統合医療というスタイルを早くから実践している、先駆け的な動物病院と言えます。

そのため実績が豊富で、廣田先生の治療を受けるためにわざわざ1時間も2時間もかけて通院する飼い主様が何人もいらっしゃいます。

 

いまでこそ多くの飼い主様から支持を受けていらっしゃいますが、開院当初はいろいろな苦労もあったとのこと。

院長の廣田先生はよく「趣味でやってる」と冗談交じりに言いますが、本当に好きでなくては続けられなかったかもしれません。

 

動物を救うことが趣味と言う廣田先生に、私も似たところがあるかもしれません。とても共感します。

アリスどうぶつクリニックへの病院訪問は毎回とても楽しみです。

 

高度な手術と内科的治療

アリスどうぶつクリニックは、西洋的な治療においても高い技術とサポートで定評があります。

外科手術のレベルは相当なもので、腫瘍の摘出、椎間板ヘルニア、整形外科、心臓疾患など、ほぼすべての手術に対応します。

 

内科領域では、治療の難しい皮膚疾患、糖尿病、免疫性疾患など、さまざまな病気に薬を中心とした治療法で上手に治していきます。

ただマニュアル通りと言うよりも、治療効果を高めるために随所に工夫を取り入れる、その柔軟な発想力を強みとしています。

アリスどうぶつクリニックのリハビリ

アリスどうぶつクリニックで治療を受けるメリットのひとつとして、治療後のリハビリが挙げられます。

リハビリをやるかやらないかで治療後の経過がまったく異なることがあるのは、人も犬猫たちも同じです。

 

上記写真のリハビリ装置は水を張ることも可能とのこと。

個別の状況に応じて、リハビリメニューも変わってきます。

 

先進的な治療法

アリスどうぶつクリニックでは、セカンドオピニオンなど経由して、難病の犬猫たちがたくさん訪れます。

一般的な西洋治療で対応できないとき、いくつかの先進的な治療法を提案してくれます。

 

たとえばオゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法は、悪性腫瘍(がん)に対する代替療法です。

手術に比べると非常にダメージが少なく、かつエビデンスデータも揃ってきているそうです。

 

レーザーを駆使した温熱療法、焼灼療法も、腫瘍に対して使っています。

特に体表面の腫瘍に対して適用しやすく、やはり安全性は高めです。

 

栄養療法とサプリメント

廣田先生の栄養学は、分子栄養学と呼ばれ、その考えに基づいて薬を使わずに体を正常化させる治療法はオーソモレキュラーと呼ばれます。

この考えを動物医療に持ち込んだ廣田先生の功績は大きく、講演などを通じて多くの獣医師たちが学ぶところとなっています。

 

病気治療となると、日本人はどうしても森を見ずに木ばかりを気にする傾向がありますが、根本的には毎日の食事が最も重要と言えます。

栄養状況が悪いままでは、どのような治療を受けても効果が下がることは当然のことと言えます。

 

みなさまご存知の通り、犬も猫も私たち人間も、基本的には食べ物によって形作られ、皮膚も内蔵もタンパク質が主原料です。

腫瘍もタンパク質の塊と言えますし、生活習慣病と呼ばれる病気にはタンパク質を中心とする、体内の代謝異常が関わっていることは明らかだと言えるでしょう。

 

食事の相談も、アリスどうぶつクリニックからでしたら一味も二味も違ったアドバイスをもらえと思います。

オーソモレキュラーのために多種多様のサプリメントを扱っていますから、栄養失調時のサプリメント使用についても相談に乗ってくれると思います。

 

自然療法(ホリスティック医療)

アリスどうぶつクリニックは自然療法(ホリスティック医療)にも通じています。

一般に自然療法というと、非常に広い範囲の治療法を含むことになります。

ホリスティック(全身的)な考えに基づき、副作用や後遺症が軽微で、体の治癒力や免疫力を増強するような治療を自然療法だと考えれば、手術や投薬、放射線などの標準療法を除いたすべての治療法が自然療法と言えるかもしれません。

 

医学や獣医学は、絶えず進化しています。

過去がそうだったように、いまの常識もいずれ非常識となるでしょう。

 

なお自然療法(先進的な治療法含む)を受けようとするときは、初回はカウンセリングなどで時間がかかります。

ですので先に予約することをお奨めいたします。

遠方の方には、有料ですが電話でも相談に乗ってくれるそうです。

 

地図・アクセス

アリスどうぶつクリニック

住所:埼玉県入間市下藤沢442-10

予約の電話:04-2963-7457

最寄り駅は、西武池袋線の武蔵藤沢駅で、歩くとだいたい5分くらいの距離です。

駐車場は病院前と、すこし離れたところにも複数台分あります。

アリスどうぶつクリニックのホームページ

関連記事

  1. イメージ画像

    アルファ獣医科病院

  2. 佐々木動物病院

    佐々木動物病院

  3. 向後亜希先生

    こうご動物病院

  4. イメージ画像

    まねき猫ホスピタル

  5. イメージ画像

    アカシア動物病院

  6. 斉藤牧場動物病院の外観

    斉藤牧場動物病院