プラセンタクレア

プラセンタクレアの概要・お申込み

肝臓が心配なときの健康維持に 犬猫用プラセンタクレア

プラセンタクレアは、ペットの肝臓が心配なときの健康維持におすすめするサプリメント製品です。
ALT(GPT)やALPを気にする犬猫たちの健康維持にも、「肝臓の元気さが健康の要」であると考えるときの健康維持にもお使いいただけます。

安全豚と呼ばれるSPF豚のプラセンタを配合。※SPF豚以外のプラセンタは含んでいません。
その高品質プラセンタの良さをしっかりサポートするために、カキ肉エキスと亜鉛含有酵母をプラスしました。
この「3つの成分」をバランス良く配合していることが、プラセンタクレアの特長です。

そして粒タイプにすることで、必要な3つの成分配合率を約80%にまで高めています。
成分品質を守る一粒ずつの包装(PTPシート)は、持ち運びにも便利です。

肝臓が心配時の健康サポート・サプリメント

プラセンタクレア20粒入り 税込2,592円
プラセンタクレア徳用40粒入り 税込4,752円

プラセンタクレアのお申込みはこちら
メディネクス オンライン直売店


代金引換、銀行先払い、クレジットカード決済に対応しております。

 

こちらからもご注文を承ります。
→ メディネクス 楽天市場店
→ メディネクス ヤフーショッピング店

原材料のプラセンタについて

プラセンタクレアのプラセンタは、国産SPF豚から得られる胎盤を使って作られています。

SPF豚は、別名「安全豚」とも呼ばれることもある、特に衛生的に飼育された豚です。

プラセンタクレアは体調の悪い犬猫や、シニアにも使われることも想定して、安全性の高いSPF豚プラセンタの使用率を100%に高めております。

健康維持として長くお与えるにあたっても安心です。

原材料のカキ肉エキスについて

牡蠣は海のミルクとも呼ばれ、古くから健康サポート食材として知られてきました。

肝臓サポート成分として有名なタウリンをはじめ、各種ミネラル、アミノ酸を含み、酵素の正常な働きもサポートしてくれる動物に嬉しい自然の恵みです。

これらの微量成分の摂取が、肝臓の心配時には大切です。

健康成分の宝庫であるこのカキ肉エキスの配合は、SPFプラセンタとの相性が良く、その健康メリットを高めると考えています。

原材料の亜鉛含有酵母について

亜鉛含有酵母とは、動物に不足しがちな亜鉛を含有するミネラル酵母の一種であり、犬猫たちの肝臓の健康維持にも利用できる有益微生物です。

肝臓にダメージを与えるアンモニアなどを分解する酵素の合成において、亜鉛は重要なミネラル元素として知られています。

そして亜鉛は肝臓などで新しい細胞を作るときに必要となり、プラセンタの働きをバックアップします。

なお亜鉛というミネラルは、犬おいて不足しやすいと考えられています。

不足してしまうと、精力の低下、免疫の低下、味覚異常による食欲の低下などが起こりやすく、そして血糖値異常との関わりも指摘されています。

プラセンタクレアは、この亜鉛不足の心配時にもお役立ていただけるサプリメントです。

プラセンタクレアの原材料と一粒260mgあたりの配合量(配合比)
SPF豚プラセンタエキス末 100.022mg (38.47%)
亜鉛酵母(10%亜鉛含有粉末) 52mg (20%)
カキ肉エキスパウダー 55.001mg (21.154%)
トレハロース 2.6mg (1%)
結晶セルロース 46.478mg (17.876%)
ステアリン酸カルシウム 3.9mg (1.5%)

成分表
エネルギー 359kcal/100g 計算法
水分 4.7g/100g 減圧加熱乾燥法
タンパク質 41.9g/100g ゲルダール法
脂質 3.8g/100g 酸分解法
炭水化物 39.2g/100g 計算法
灰分 10.4g/100g 直接灰化法
ナトリウム 2100mg/100g 原子吸光光度法
食塩相当量 5.33g/100g 計算法

プラセンタクレアの与え方目安
体重10kg以上の犬猫は1日2粒、体重10kg未満の犬猫は1日1粒を目安にしてください。
食事時中でも、食事と食事の間でもお与えいただけます。
体重や健康さにより、加減していただくことができます。

プラセンタクレアの徳用サイズ(40粒入り)です。

通常サイズ(20粒入り)の2倍です。

パッケージをシンプルにしています。

プラセンタクレアには製品サンプル(2粒)の用意がございます。

少量でたいへん恐縮ですが、購入前の風味チェックにご活用いただければ幸いです。

サンプルのお届け